ログイン



ベビーソープは洗顔としても優秀なアイテム

金曜日, 6月 26th, 2015 by

赤ちゃんの肌は敏感で乾燥しやすい。

敏感?乾燥?
大人の方のお肌の悩みで良く聞くワードですよね。

敏感肌とか乾燥肌向けの化粧品が最近ではよく販売されています。

ベビーソープも敏感で乾燥しやすい赤ちゃんのお肌のために作られているので、
敏感肌や乾燥肌でお悩みの大人の方の洗顔にもおすすめです。

ベビーソープならどんなものでもいいのか?といいますと、
残念ながらそういうわけにはいきません。

じゃー何で見分けたらいいの?
と思われるかもしれませんが、
見分けるのはやっぱり成分です。

ベビーソープの場合は洗浄がメインなので、
洗浄成分が赤ちゃんのお肌に優しい成分となっているかが一番のポイントです。

ラウリル硫酸とかラウレス硫酸、オレフィン(C14-16)スルホン酸、ラウロイルサルコシンといった成分を避けた方が良いと思います。

あとは全成分を一通り目を通して、気になる成分が入っていないかを確認しましょう。

香料と着色料とかが入っているものはやめといた方が無難です。

ベビーソープは石鹸タイプのものと、合成界面活性剤タイプのものに分かれます。

合成界面活性剤はよく悪者扱いされていますが、
合成界面活性剤もピンキリなのです。

肌に優しく潤いをもたらしてくれるものから強力な洗浄力で皮脂を根こそぎ流してしまったり負担となったりするようなものまで様々です。

なので、その辺りは気になる成分があったら調べるなどして徐々に知識として身に付けていけばよいかと思います。

全ての成分を覚えるなんてことはなかなかできるものではありませんので…。

とにかく、敏感肌や乾燥肌でお悩みの方は、
ご自身の洗顔料としてベビーソープも選択の一つにしてみてはいかがでしょうか?

Leave a Reply