ログイン



ベビースキンケアの基本的な考え方

金曜日, 6月 26th, 2015 by

育児が初めての新米ママにとって赤ちゃんのことでわからないことはたくさんあると思います。

そんな新米ママのために押さえておきたいベビースキンケアの基礎知識をご紹介します。

知っているかいないかだけで、赤ちゃんの肌トラブル対策に違いが表れますので、
是非知っておいてください。

まず、知っておいてほしいことは、

「赤ちゃんのお肌はとっても敏感肌」
赤ちゃんの肌というのは赤ちゃん肌という言葉があるくらい大人にとって羨ましがられるお肌というイメージですが、
実は皮膚が薄い赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。

大人でも敏感肌の方が急増していますが、
ある意味赤ちゃんは同じかそれ以上に敏感肌なのです。

次にしっておいて欲しいことは、

「赤ちゃんの肌はカサついてる」
これも赤ちゃん肌のイメージとは異なりますが、赤ちゃんの肌は確かに弾力はありますし、プニプニしていますが、
肌表面をよく見るとみずみずしくはありません。

むしろ、大人の方が瑞々しいお肌である場合が多いです。

というのは赤ちゃんは先ほどもお伝えしましたように、
皮膚が薄いので、水分量が少ないのです。
そして、皮脂分泌が生後三ヶ月以降は少なくなりますので、カサつきやすくなります。

お肌の乾燥はみなさんもご存じのとおり、
様々な肌トラブルの原因となりますので、お肌を乾燥から守るための対策が必要となります。

いかがでしょうか?
この2つのポイントを押さえて赤ちゃんのスキンケア化粧品選びをするだけで、
肌トラブル対策にかなり役立つはずです。

赤ちゃんのお肌を健やかでトラブルのない肌に保ってあげるための知識としてお役立て下さい。

Leave a Reply