ログイン



オーガニックのベビーソープは本当にお肌にやさしい?

木曜日, 2月 16th, 2017 by

ベビーソープには色々な種類があります。

オーガニックベビーソープや無添加ベビーソープ、国産ベビーソープなど色々あります。

なんとなくオーガニックや無添加、国産などの冠が付いているとお肌に悪い物が入っていなさそうなイメージがしますね。

実際のところオーガニックのベビーソープというものはお肌にやさしいのでしょうか?

オーガニックベビーソープというものについて考えてみたいと思います。

まず、オーガニックと謳うからにはオーガニックと言える成分が入っていなければなりません。

オーガニックというのは「有機栽培の」という意味がありますので、有機栽培できる成分でなければなりません。
つまり植物でなければオーガニックということができないわけです。

植物由来成分というのは天然由来成分とか自然由来成分とも言われます。

自然界に存在している成分から摂れる成分ということです。

それと反対の成分として合成成分というものがあります。
自然界に存在しない作られた成分のことです。

自然界に存在している成分だからやさしい、合成は作られた成分で自然界に存在しないから有害。
そんなイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか?

植物由来成分を否定するわけではありませんが、植物由来だから安心・安全なんてことはあるのでしょうか?

植物という大きな括りでいうと毒性の強い植物なんてたくさんあります。

お肌にやさしいかどうかは植物の種類が大事と言えます。

逆に合成成分には確かにイメージ通りのお肌への負担の強い成分もありますが、お肌へのやさしさを考慮して作られたやさしい低刺激な成分も存在します。

オーガニックも植物由来も否定はしませんし、植物由来成分を使うのであれば、品質面でいうとオーガニックの方が良いですし、植物由来成分にはお肌にやさしいものはたくさんあります。

何がいいたいかといいますと、
オーガニックや植物は善で合成は悪という単純な構図で商品を選ぶのではなく、配合されている成分一つ一つが植物由来とか合成由来とか関係なくお肌にやさしいかどうかがとても重要だということです。

植物由来成分ではなくてもお肌にとって良い成分はたくさんあります。

オーガニック由来などにこだわりすぎると本当の意味での適切なベビーソープ選びができない可能性があります。

大切な我が子のお肌のケアとして使うベビーソープだからこそ、オーガニックや植物、合成などにこだわらず配合成分全体を見てお肌にやさしいかどうかで選んであげましょう。

Leave a Reply